• 2011-05-27 13:02:40
  • やるじゃんジャパン
先日、FMから聞こえてきた興味深い話。

震災からもうすぐ3ヶ月になるが、復興の
重要な一角として住宅の建設がある。
興味深い話とはそのデザイン=つまり思想
についてだ。

現状、今後の建設方法を巡っては諸説あるらしい。

津波を跳ね返す防潮堤、
がっしりした沿岸の逃避ビル、
震度○○まで耐えるられる住宅、、、などなど

けっこう『力ずく』的な対策が目に付く。

そんななかでこの人(竹村さん)の提唱する
「家は浮かべろ」はアイディアだ。

むりに大地に固着させず ふわふわと漂えるように
造っておけ、ということらしい。


考えてみたら、そもそも地震なんて地球に
とってはほんの咳払い程度のことかもしれない。

急に背中が痒くなってボリボリやらない保障は
どこにもないのだ。

咳払いしかしないだろうという『仮定』の上に
成り立つ 力まかせな対策。この前提にどこか
しっくりこない脆さを感じるのは私だけではないと思う。

竹村さんの提唱は異彩を放ち、かつ偉才。

あらぶる自然に対して柳に風、もしくは
柳に雪折れなし的な謙虚な身のこなしと思える。

この思想はふと宮崎アニメのストーリーも彷彿とさせるなあ。
主人公はすべからく柳に風的な生きざまで大自然の一部として
描かれ、『善』である。
そして傲慢にも力ずくで自然と対峙するのは
『悪』として描かれ、やがて自滅していくのだ。

私たちが胸を張れる日本らしさ。それはこういう
柳的な生き方のことなのだ、きっと。

そういえば昔何かで見聞きした広島の厳島神社の
ことが思い出された。
潮の満ち引きの影響をいなす柔軟な発想が随所に
活かされているという。
御本社取り巻きのひとつ、祓殿(はらいでん)の床は
なんでも楠の巨大な一枚板で一枚200kgもあるそうな。
それが固定されずにプカプカするという。また
大鳥居も社殿自体も礎石に乗ってるだけで固定されて
いないという。

なんだ、やるじゃん!! 

こんな知恵の使い方を昔からしてきたなんて
元気出てきたよ、


これも、まさに日本の英知! まさにひざポン!

ということで目からウロコ的、SQUAMA的 結びとなりました、
お見事。

まろうど神社はらいでん.jpg

M wrote

  • 2011-04-29 12:56:10
  • ついに!?
ついに!?というか、やっと?!というか、
SQUAMAのプロダクトの販売が開始できそうです。

HP上では近日発売となっているプロダクトのうち、
ブックエンド2種類、JIMとPANTAの販売予定が固まりつつあります。

正式な発売日はまだ決まっておりませんが、この夏にはお目見えする予定です。

もう少しお待ちくださいね。


panta0.jpg


jim0.jpg

by Caz

  • 2011-04-09 17:17:49
  • スタバの話しなんですけどね。
スターバックス鎌倉店で打ち合わせをしたんですが、
単なる、フランチャイズコーヒーショップではないことに気づきました。

そこにはカウンターがありまして、期間限定の世界から集めた貴重な
コーヒーを対面で入れるサービスがあります。
知ってました?

店員のお姉さんが丁寧にプレスの器具でコーヒーを入れてくれます。

そして、コーヒーの説明をしてくれるんですね。

なんとなく、リッチな気分に浸りながら、、、、。

”このお豆は、はじめはグレープフルーツの味がします。
 そして、フルーティーな後味が、おいしいんですよ”

と言われたのですが、、そこまでは、、わからんかった、、(笑)
とりあえず、そうですね。。。と相槌を打ちました。。(汗)

私にはわかりませんでしたが、、皆さんも是非体験してみてはいかがですか。

鎌倉市役所の前にある素敵なお店です。
pressKaffe.JPG

  • 2011-02-28 14:36:51
  • メキシコの図書館
800px-Vista_de_la_Biblioteca_Vasconcelos.jpg
この建物はメキシコシティーの図書館
(José Vasconcelos Library)なのですが
本棚が建物の一部になっており
天井からつり下げられてる様な構造になっています

295038825_74b868d79a.jpg
295038834_4a30e342ed.jpg



まるでSFの世界の様です

Mexico_lib1_thumb.jpg
Mexico_lib5.jpg
Mexico_lib2.jpg
Mexico_lib6.jpg


ただ単に面白い形や、奇をてらう様な事ではなく
図書館という機能を美しく建物と融合させた
実に目からウロコな建築ですね!


y wrote

  • 2011-02-26 00:14:03
  • たびの想いで
森の中を突き進んでいくと突如、視界がひらけ
同時に大きな瞳の異性人にみつめられた!


iseijinn-1.jpg


この国は 『ちょっと不思議』 がいっぱいだ。
ロード・オブ・ザ・リングのロケ舞台にもなった大自然が
すぐそこに広がっている。

そしてそんななかをドライブしてると忽然と超モダンな
ミュージアム然としたワイナリー&レストランが現れたり、
美しい渓谷を突きさすようにバンジージャンプ施設が作られていたり。



bungee-2.jpg
winery-1.jpg
winery-2.jpg
bungee-1.jpg


平穏な日常に垣間見える『非日常』、ニュージーランドは
そんな側面が容易に発見できるワンダーランドだった。

少しでも見聞きした地には愛着が芽生えるものだ。
今、この地を襲った災害の知らせには本当に心臓が
ギュッと締め付けられる。
本当に平穏な、あの笑顔が一日でも早く戻ること、
願っています。


cabin-1.jpg


冒頭の異性人の正体はミニキャビンでした! でも
なぜここにあるのだろう? それもまた不思議!!

M wrote




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13
CALENDAR
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ